作業員

長くロレックスの時計を持ちたいならオーバーホールは大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインを変更できます

アクセサリー

婚約指輪や古くなったジュエリーの使い道に困っている方は、ジュエリーショップでリフォームして今の自分に合ったジュエリーに作り替えましょう。リフォームは元の素材を流用して行うことができるので、転倒で新しく購入するよりもリーズナブルとなっています。

More...

大切な時計のメンテナンス

男性

定期的に行うのが重要

人気、知名度ともに腕時計の最上級ブランドであるロレックス。いくら優れたロレックスの腕時計でも、経年による劣化は避けられません。電池の交換をしたのに、すぐ遅れてしまったり、止まってしまったりという状態が現れた場合、早急なオーバーホールが必要です。オーバーホールとは、分解清掃をし、新しい油を注油しながら組み立てていき、精度の高い状態にメンテナンスすることを言います。このオーバーホールを長年怠ってしまい、電池交換でもいよいよ動かなくなります。そうなると多くの修理箇所が発生してしまい、その分修理代も増えてしまうことになります。3〜4年おきにきちんとオーバーホールをしていくと、大切なロレックスも、良い状態のまま長く愛用できるでしょう。

修理方法と相場

それでは、ロレックスのオーバーホールはどこに頼めばよいのでしょうか。ひとつは、メーカーである、日本ロレックスに直接依頼する。これが一番安心な方法ではあります。ただし、納期が1〜2か月ほどかかるのと、費用も高めになります。基本料金と部品代で5万ほどは最低かかるようです。もうひとつは、時計修理工房に依頼する方法。現在、ロレックスのオーバーホールを専門に行っているような業者もあり、納期も正規店に比べて短め、費用も2〜3万円程度からできるようです。腕の良い時計修理技能士がいる、信頼できる業者を選べるようなら、こちらを選択してみてもよいでしょう。日本ロレックスでも、修理業者でも無料で修理見積もりをしてくれますので、利用してみてはいかがでしょうか。

高級時計の修理・調整手段

腕時計

ロレックスは資産価値が認められる数少ない腕時計の一つです。大切に使用するためには、定期的にオーバーホールを行なうことが大切です。ロレックス正規代理店なら部品のストックがあるので、パーツが劣化していた場合でも交換してもらえるでしょう。

More...

修理を依頼するときは

腕時計

ロレックスのオーバーホールは、日本ロレックスに依頼すると高いですが確実です。一般時計修理店だと、安いが正規品でない場合や機能が低下することもあります。また、三年から五年ほどしたらオーバーホールの時期なので定期的に依頼すべきなのです。

More...